僖成のオンラインショップオープンしました。

KINARI SHOP TOKYO




佐渡の食材を彩り豊かに盛り込んだ佐渡商店特製の海鮮丼

冷蔵庫で解凍してご飯の上にのせてお召し上がりください。 日本海でも特に佐渡は漁場が近く鮮度の高い魚が水揚げされます。 この魅力溢れる魚介を特製の海鮮丼にして、3D凍結機で冷凍しておりますので、現地の味をお楽しみ頂けます。 是非一度、佐渡の海鮮丼をお楽しみください。




~佐渡海鮮丼 七福~

日本海の恵まれた漁場で獲れた魚介を特製白醤油で漬けた海鮮丼になります。 新潟県佐渡沖で獲れた、鯛、鰤、鱈、海老、蟹、鮪とめかぶを入れた特製白醤油で味付けしております。 お好みで醤油、山葵をつけてお召し上がりください

~佐渡海鮮 ばらちらし~

佐渡海鮮(鯛、鰤、鱈、イカ、鮪)、めかぶ、枝豆と玉子焼きなど色鮮やかなばらちらしに仕上げました。 お好みで醤油、山葵でお召し上がりください。


~季節白身魚のがごめ和え~

佐渡の季節であがる鮮魚をがごめ(海藻)と白醤油に漬けました。 お好みで醤油、山葵でお召し上がりください。




美味い魚介をたっぷり使用した極上の海鮮丼

 

鮮度の良い状態で漬け込み、最新の凍結技術を使い冷凍しますので、まるで現地で食べる海鮮丼です。 薄め味付けしてありますので、お好みで醤油や山葵でお楽しみください。佐渡魚介の素晴らしさをご家庭で ぜひ体験ください。 海鮮丼としても、お出汁をかけて出汁茶漬けや、お酒の肴などにもお楽しみ頂けます。

 

是非、一度お試しください

 

海鮮丼のお求めはこちらからどうぞ




~佐渡商店について~


僖成が運営する「佐渡うどん 蒼囲」と併設して「お土産店 佐渡商店」が御座います。 地場の魚介を料理人のレシピにより ひと手間とひと工夫を入れて販売しております。佐渡の思い出と一緒にご家庭でお召し上がりいた だけるように地場の水産加工者と協力して運営しております。 佐渡魚介の加工品と最新の凍結技術と料理人のレシピにより、新たな佐渡ブランドとして日々「佐渡の美味い」を 提供しております。




 

~新潟県佐渡島について~




佐渡には「3つの日本」があるといわれています。300万年近い地殻変動により、国内で見られるの全ての 形が揃った「海岸地形」、寒地系・暖地系の両系統の植物境界線上に属し1700種近く自生する「植物」、 そして、流罪の貴族や知識人、北前船の商人や船乗り、金山開発による人・物の交流がもたらした「文化」



新潟県佐渡の食材に惚れ込み出店した2つのお店

新潟県佐渡は、港のすぐ近くに漁場がある為、鮮度の良い魚介が穫れます。私たちは佐渡を訪れた時に その美味しさに感動して、ひとりでも多くの方に知って頂きたいという思いから店舗出店を決意致しました。 食の魅力で佐渡観光のお役に立てられれば、人口減少が問題となる佐渡島において雇用を生み出す事が 出来ればと2021年7月25日に「佐渡うどん 蒼囲」、翌月8月25日に佐渡箱ちらし ときなりを出店致しました。


佐渡のおけさにゃおよびもないがせめてなりたや名物に

このフレーズは、佐渡うどん蒼囲の店の句になりますが、かつて佐渡島を収めていた本間家が、庄内に渡 り豪商となった際の句(本間様には及びもないがせめてなりたや殿様に)を引用してつけさせて頂きました。 これは当時、日本一の豪商だった本間家のように、佐渡うどん蒼囲も佐渡の名物として末長くお客様に愛される お店として発展していければと、店舗入口の暖簾にも入れてお客様を出迎えます。




佐渡アカモク(海藻)を練り込んだ特製うどん 佐渡魚介のかき揚げ

佐渡うどん蒼囲の名物として「佐渡の魅力を凝縮した御膳」として屋号の名をつけた「蒼囲御膳」を提供、 佐渡うどん、佐渡蟹の彩り八寸、佐渡魚介のかき揚げ、南蛮海老の塩麹づけ小どんぶりを付けた全て佐渡産にこだわった 御膳として、ご来店される8割の方が注文される献立として店の名物となり、開店から3ヶ月で地元の方が選ぶ佐渡グルメでも 上位にランクして観光のみならず、地元の方にも支持を頂ける商品となっております。




箱にちらすは佐渡の恵み 時季の恵みをちらします

佐渡箱ちらし ときなりは、箱ちらし専門店として「佐渡魚介の美味しさ」を伝えていくお店としてオープン致しました。 かつて北前舟(江戸時代から明治にかけて活躍した主に買積みの北国廻船のこと)をテーマにした仕入れ (魚介は佐渡、肉などは北前で入る食材)としております。
また、屋号には恵比寿様をあしらい「満腹」の姿に星空を見上げるロゴは、「郷を思う」という意味を込めて私共が東京で 飲食店舗を運営しておりますが、「同じ空に下、同じ思いである(空を見上げれば、どの地でも同じ星が見える)」という意味。


神様と箱ちらし

箱ちらしの名物として「箱ちらし 七福」は、ひとつの童話を作りその童話に出てくる箱ちらしをイメージして作った商品に なります。(童話に関しては、店内で読むことが出来ます)ずわい蟹の甲羅に蟹のほぐし身と綺麗に並べられた特製白醤油で 漬けたまぐろ、銀鮭、鯛、季節の白身を「ダシ醤油ジュレ」と一緒にお召し上がり頂けます。今回ご紹介した海鮮丼も同じ素材で 作られております。